リンパドレナージュとは

リンパドレナージュは、1932年にフランスのエミール・ヴォッダー博士によって考案された療法です。
非常に軽いタッチで、ゆっくりとした単調な動きで行なうことで、リンパ液の流れを活性化し、身体にとって不必要な異物や老廃物を集め、排出させていきます。

リンパドレナージュの効果

リンパ液は、血液のように心臓を使って血液を送り出し循環させる機能がありません。
リンパ管は1分間に数回程度ゆっくりと拍動して、リンパ液の流れを作っています。
また、呼吸や運動、筋肉の動きや血管からの圧力もリンパの流れを作ります。

 

ところが、リンパ液は、疲労、寒さ、ストレス、運動不足、睡眠不足などで、すぐに流れが滞ってしまいます。
リンパ液には、異物や老廃物などを排泄する機能と、ウィルスなどから体を守って健康を維持する免疫機能があるのですが、リンパ液が正常に機能しないと、老廃物が溜まり、免疫力が低下して病気にかかりやすくなったり、むくみや凝り、肌荒れ、顔のたるみなどを引き起こします。

 

リンパドレナージュは、滞りがちなリンパの流れを正常に戻すことで、身体や肌のトラブルの改善に大きな役割を持っています。

リンパドレナージュとリンパマッサージの違い

「ドレナージュ」とは、フランス語で排出という意味です。
フランスでは、最初リンパ浮腫の患者さんに向けてリンパドレナージュが行われた、主に医療現場で用いられていた施術法です。
それが後に、セルライトやむくみの改善やダイエットの為の施術法として脚光を浴びてきました。

 

リンパドレナージュは、リンパの流れに合わせて、ゆっくりと非常にソフトな圧をかけて、リンパ液の流れをよくして、老廃物の排泄を促し、全身の機能のバランスを整えることで免疫力、自己治癒力を高める手法です。

 

一方、リンパマッサージはオイルなどを使って、リンパの流れに沿ってトリートメントしていきます。
サロンによっては、非常に強い力で行うところもあります。
リンパマッサージも老廃物や余分な水分を排出するために行われるところは同じです。

 

最近ではリンパマッサージとリンパドレナージュを同じネーミングで行ってるサロンもよく見かけます。
どちらも結果的に老廃物を排出する手技なので、結局は自分にあっていればいいのだと思います。

 

リンパの様々なマッサージがあります!

 

ヴァン・ベール 公式サイトはコチラリンパマッサージ

リンパドレナージュの効果

  • 老廃物の排出
  • むくみの改善
  • 顔のたるみの改善
  • 肌荒れの改善
  • 冷え性の改善
  • 代謝をよくする
  • 背中のハリや首や肩のコリ改善
  • 免疫力の改善
  • 疲労の改善

 

リンパドレナージュは、キャビテーションで溶け出した中性脂肪を体外に排出するので、キャビテーションとセットですると、相乗効果で痩身に効果的です!